2019/11/09

 

2019年11月9日、第6回佐賀整肢学園地域公開講座を、こども発達医療センター3階講堂で行いました。今回は、佐賀向陽園開設10周年・わいわい開設8周年特別記念講演として、「認知症」をテーマに講演を行い、地域の方や機関等から69名ものご参加をいただきました。

第1部は「みんなで一緒に「あつまろう会」」と題し、デイサービスセンターわいわいの介護予防指導士の木下にて地域との繋がりやロコモ予防体操、脳トレ・ゲームなどをスライドを交えながら紹介しました。8421体操を参加者全員で行い、大いに盛り上がりました。

第2部は大分県・臼杵市の社会福祉法人同心会で、理事長をお務めになられている一原浩先生に「認知症のかたのおつきあい」をテーマに、特別講演を行っていただきました。

一原先生は聖マリアンナ医科大学で、認知症の診断に用いられる検査「長谷川式認知症スケール」を開発された長谷川和夫先生と認知症患者の方々の治療に携われたり、仙台市では認知症高齢者介護家族の支援の為のご研究をされたり、認知症の研究を長年に渡り続けておられています。

今回の講演では「認知症」という病気の理解を深めていただくため、認知症の方や取り巻く環境や家族背景、認知症予防、認知症の特徴・対応方法についてご講義していただきました。

「認知症」という病気を周囲が理解・受容し、情報共有や地域ぐるみでの支援ができる環境構築がとても重要だと感じました。